診療内容MENU

  1. かんだ整形外科 リウマチ科
  2. 診療内容
  3. リハビリテーション科

リハビリテーション科

痛みを取るためのリハビリテーション

腰痛や肩こり、関節痛を和らげるには、実は、運動療法がとても有効です。
特に慢性の腰痛や肩こりには運動が効果的であることが、科学的にも実証されています。

運動といっても、激しい運動をする必要はありません。室内で簡単にできるストレッチなど、一人ひとりの痛みの程度や年齢に合わせて、少しずつ、無理のない範囲で、続けられる方法をご提案します。

また、理学療法士の徒手療法なども組み合わせて、身体をほぐしたり血行をよくしたりすることで、患者さん自身が持つ「治る力」を利用しながら、長期的に身体が健康でいられるような方法を患者さんとともに考えてまいります。

「身体が痛い」というのは、身体が異常を訴えているサインです。
「痛いことが当たり前」と思わずに、どうぞお気軽にご相談ください。

予約制で対応しており、お待たせすることなく個別治療を実施しております。

「身体の動かし方のプロ」が、丁寧に指導します。

本当に効果が出るリハビリテーションとは、器械が一律的にするものではなく、専門家が一人ひとりに合わせた治療を考えて行うものです。
院長は、整形外科学会認定の運動器リハビリテーション医です。
また、当院に4名在籍している理学療法士は、筋肉や関節の動かし方のスペシャリストです。

理学療法士の指導のもと、四十肩・五十肩(肩関節周囲炎)などの場合は、こわばった関節をほぐして可動域を広げます。また、筋力をつけることで腰痛、肩こり、変形性膝関節症などの痛みからの回復を目指します。

また、痛みは毎日の姿勢や動きのクセからくるものが多くあります。
姿勢指導や歩行時のバランスをとる練習などを行い、慢性的な痛みの悪循環を取り除き、腰痛や肩こりになりにくい身体づくり、転びにくい身体づくりのお手伝いをいたします。

かんだ整形外科のリハビリテーション機器

理学療法士による指導や手技を中心に行うため、リハビリテーション機器は多くおいていません。その代わり、患者さんのリハビリテーションのために本当に役に立つ器械を厳選して導入しています。

超音波治療器

超音波を使った振動で、患部に温熱作用とマイクロマッサージ効果を与えます。

痛みを和らげ、血行を良くします。

筋肉痛や関節痛、腱鞘炎やリウマチに効果があります。

ワイドレンジ低周波治療器

多彩な刺激モードがある治療器です。

柔らかく強く深部をマッサージする「モミ」、刺激を与える「たたき」、広範囲のマッサージ機能があります。

肩や腰などの筋肉のこり、さまざまな関節痛に効果があります。

ホットパック

水温でやわらかく温めた「ほっとパック」を患部にあてて、温熱治療を行います。

温めることで血流が増加し、痛みを和らげます。

椎間板ヘルニアや坐骨神経痛、頚椎症などに効果があります。

TRX

ダンベルなどと違い、自分自身の身体と可動域を使って、トレーニングします。

そのため、自分にあった負荷で、実際に動くときに必要な筋肉を鍛えられます。